kigyou2.jpg

目次
1・超・起業法は本当に役に立つ?

2・超・起業法は初心者でも出来る?

3・超・起業法の必要経費は?

4・超・起業法に要する時間は?

5・超・起業法は合法か?

6・超・起業法のメリットは?

7・TOPページ



超・起業法は本当に役に立つ?

超・起業法は本当に役に立つ?

個人が起業して経営者になるための考え方から入り、ビジネスモデルの戦略や構築法が第一章で語られています。

次に、第二章はマーケティング・リサーチでの戦術や、売れる商品の作り方を学びます。

最終章の第三章はマーケティング・プロモーションの戦術や広告宣伝及び商品の上手な売り方を学びます。

ここに紹介されている企業法はネットビジネスに限らず、リアルビジネスも通づる内容をレクチャーされていますので、経営者的な考え方や行動パターンを学ぶ事が出来る仕組みとなっています。

勤め人の方でも経営者の方でも今まで自分の知らない世界を体験する事が出来る為、きっと新しい世界を知ることになるでしょう。

時には経営者的な考え方も必要ではないかと考えます。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

超・起業法は初心者でも出来る?

超・起業法マニュアルは超の字がつくほどの初心者でも理解できるよう、噛み砕いて解説されていますので、ご自分のペースで進めるて行けば実となり骨となることでしょう。

ネットビジネスの種類も多くありますが、多くのビジネスモデルを取り上げ解説されていますので、な〜るほと!と気づきを与えてくれるようなヒントも網羅されています。

数多く紹介されていますので、自分の取組みたいジャンルを見つけ企業法の考え方や進め方を基本にされると、花咲く日は遠くないのでは?

何事もやってみなければ解らない!

新たな挑戦するなら面白いかも?


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

超・起業法の必要経費は?

費用に関しては個人の価値観によって変化しますが、誰でも安いに越した事はありませんね。

でも、安物買いの銭失いになっては何にもなりませんので、果たして今の自分に必要か?を自分に問うて見るべきだとも思います。

折角購入しても、ロクさま読まず時間がないと自分に対して言い訳をして、ノウハウ・コレクターになるだけならもったいない話です。

自分の中で生かせてなんぼですから、衝動買いや煽られての買い物は禁物です。

必要と感じたら始めればよいので、自分の状況を良く見極めて判断するようにしましょう。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

超・起業法に要する時間は?

時間の配分は個人差によって大きく違ってきますし、今までのスキルによっても大きく変わってきますので一概には言えません。

ただ、スローペースでも良いので継続する事が大切だと考えますし、続けなければ何も生む事は出来ません。

私もこの超・起業法のマニュアルに目を通してみましたが、120ページ余りびっしりと書き込まれていますので、一つ一つ理解しながら読み進めてゆくと、結構な時間はかかってしまいます。

それで、一通り最後まで読み進み、改めて重要と思われる箇所にフォーカスすると理解も早くなる事でしょう。

理解しつつ進めていくことが最も大切な事だと思います。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

超・起業法は合法か?

個人の価値観だけで合法・非合法を決めるのではなく、一般社会通念に基づいた価値観が必要と思われます。

そのような意味では、一切非合法な事は紹介されていませんし、道徳観に基づいて紹介されています。

ネットの世界もリアルの世界も同じことが言えると思いますが、非合法な商売をされている方も決して少なくありません。

もっと酷いのは、まるっきるサギと知りつつ行って見える方もおられますので、やはり人に後ろ指を差される事のないまっとうなビジネスがしたいものだと考えます。

個人でもコンプライアンスが求められる時代だと言う事です。




もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

超・起業法のメリットは?

超・起業法を勉強する事により、経営者的な考え方がわかると思います。

そうすると、使われる側から使う側えの発想の転換を図る事が出来ますので、今まで自分が考えた事がないようなアイデアも浮かんでくるのではないでしょうか?

私自身もこのマニュアルを読んで気づきを頂きましたし、なるほどな〜と言う点も多々ありましたので、きっとあなたも多くの気づきを得る事が出来るものと信じています。

このマニュアルは、起業する上でのバイブル的な要素を持っていますので、将来に向かっての良き辞書となって壁にぶつかった時などには、お役に立つのではないでしょうか。

何でも知っているに越した事はありませんから。


もう少し詳しくお知りになりたい方は、こちらから


ご質問はこちらから
タグ:起業法

会社の作り方

ベンチャーの前提は、新しい価値を創造すること。そのためには、志が高くなければならないのだと思
われます。

また、志の高さは時間軸に比例するものです。

ベンチャーと大企業ではケーパビリティがまったく違います。資本力、実行力でかなわないのだから、
より長期を見据えなければならないというのが当たり前の現実です。つまり、ベンチャーは大企業に、
すらりと、それいいねなどと受け入れられるようなことを言っていては、ダメということではないでし
ょうか。

恐らく私らが掲げる、有価証券報告書・六法全書・世界の歴史の完全ビジュアライズ化という考え方は
、時間軸としては少し先のものかもしれません。ただ、大企業がXBRLを採用している時代に、私たちが
同じようにXBRLをやっていてはかなわないわけです。

ベンチャーは、ポストXBRL、ポストグーグルの世界を生きなければならない。

情報がすべて揃う時代に、どういうふうに意味に変換するか、そこを考えなければ、価値はないのです
。物事を見る時間軸の長さがモノを言います。

ハーバードの調査で、卒業生の経済的な価値を決める決定的な要素は何か、というものがありましたが
、20年間の分析した結果、その要素はひとつしかありませんでした。それは、物事を見る「時間軸の長
さ」だけでした。ベンチャーは、より長期で物事を見る必要があるということです。

あとは、ロマンとそろばんのバランスも大事です。いやらしい話かもしれませんが夢を語ることによる
コストの繰り延べという考え方があります。

具体的にはストックオプションのことです。資本力の乏しさを長期で補填していくという意味で、現実
的な考え方といえます。シェアーズはまだストックオプションを発行していませんが、長期のビジョン
にコミットするメンバーには、少しずつ株式を保有してもらいたいと思っています。

京モノ発言

京の職人や作家オリジナル商品を集めた町家風のセレクトショップが京都市中京区にオープンし、京都
モノの魅力を発信しています。インターネット通販などが中心だったこだわりの品を一堂に集め、若手
職人からも貴重なPRの場となっています。

姉小路堺町通南東角の京都屋に隣接する飲食店のオーナーが田の字地区のまちづくりに協力しようと、
市の助成を受け、駐車場だった場所に、周囲の景観に合わせた町家風建物を建設されました。最終工程
が京の職人さんの手で、現代生活に合ったセンス良いものにこだわったセレクトショップ出店を計画し
、大量出荷されていない個性的な和風アイテムを探しました。

起業家支援業の経験がある社長の片岡弘昭さんが、ネット通販が中心だったり、自社ブランドを立ち上
げたが販売ノウハウが確立できていない作家や職人とも交渉。友禅のアロハシャツ、金襴織物の皮革小
物、竹や和紙の工芸品、宇治の銘茶など、賛同した21ブランドが商品を納入しています。


弱小起業の知恵

目の見えない人が、サングラスに装着した小型ビデオカメラの前で動いた指の輪郭と動きを認識し、そ
の指の本数を数えることができると言う優れものが開発されました。

機能の低下した網膜に埋め込んだ電極チップに電流を流し、網膜を刺激して特定の病気による失明者の
視覚を回復させるそんな「人工視覚システム(人工眼)」を、大阪大学などと共同で社内の「人工視覚
研究所」で開発しているのが、愛知県蒲郡市にある眼科医療機器メーカーのニデックと言うマイナーな
起業です。。

既に電気刺激が与えられた網膜の細胞が反応して光を感知できる段階まで研究が進み、数年後には数十
人規模の臨床実験が実施される予定だそうで実用化に向けて着々と進んでいるようです。

人工視覚システムの開発は、ニデックが1971年の創業時から「目」にこだわり続けてきた証しであると
言われています。「目に特化する」という確固たる明確な企業ビジョンを掲げ、事業を目の分野に集中
させてきたニデックは、今や社員数が1500人、売上高358億円で、眼科医向けの医療機器や眼鏡店向けの
光学機器については世界シェア第1位の座の製品をいくつも手がける優良企業に成長しています。

正に日本の中小企業の本来の姿であり、得意分野ともいえるのではないでしょうか?

独立開業を着物が似合う街金沢で

金沢市で3月14日にオープンした茶室カフェ「畳世(たたみぜ)」は、着物の展示販売も手がける新
しいスタイルが人気ようです。オーナーの川田さん(37)は、米ソフトウェア大手のホームページを
作るウェブデザイナーから、1人で独立開業を果されたそうです。大好きな着物で店を開きたかったと
いう川田さんのコメント紹介。


オープンのきっかけは?

カフェと着物が好きで、融合させて何かできないかなと思いました。東京の目白に「着物カフェ」があ
って、古民家のような建物を使った場所なんです。帯や反物を扱っていてすてきだなと思いました。自
分も着物で出かけられる場所を作りたいと。金沢は着物が似合う街ですので、加賀友禅など伝統文化も
根付いているので決めました。

どんな着物を扱っていますか?

20〜50代の女性をターゲットに、花柄やしま模様などのアンティークが中心です。東京や京都、地
元の富山で買い付けています。扱っているのは40〜50点。気軽に着てもらおうと、値段は3000
円〜2万円に設定しています。食事や買い物に行く時など普段のおしゃれの中に取り入れてもらいたい
と思っています。。

着物の魅力は何ですか?

季節によって変わる大胆なデザインや柄です。柄には意味もあるんです。クモの巣模様は、すてきな男
性に出会えますようにという意味です。亀甲柄は縁起もの。麻の葉は、子どもの成長が進みますように
という意味です。季節を先取りするのも粋ですし、桜の柄なら2〜3月に着るのが粋なんです。

着物を広めるために必要なことは?

着物を着るにはきっかけが必要で、自分のお店を入り口として使ってもらえたらと考えています。潜在
的な着物ファンは多いと思いますので、ウェブ上の会員制サイトには金沢の着物ファンで作るものもあ
ります。着物を着ると背筋が伸びて、所作も女らしくなりますし、違う自分になれますよ。

独立開業に不安はありましたか?

当然ありました。起業に関する講習を受けたり、知人の経営者に話を聞いて。でも大胆な性格なので思
い切って決断してしまいました。好きなことで商売をしたいと思っていましたので。利益は出さなけれ
ばいけませんが、お客さんが喜んでくれればとも思っています。

将来の考えはありますか?

オンラインショッピングや着付け教室を考えています。着物をメーンにしながら、カフェでお茶やお菓
子を楽しんでほしいです。のんびりとくつろいでもらえるような空間にしていけたらいいですね。

ワークライフバランスの関係

それは非常に強い説得材料


年金問題も大きいです。

少子高齢化がこのまま進むと、あと30〜50年で人口の3分の1が高齢者になってしまいます。そうなる
と働き手、つまり年金の払い手は当然減少してしまします。この対策として、出生率を向上させようと
していますが、生まれた子が年金を払うまでに20年近くかかりますから当然即効性はありません。

それに、子供を生むたびに女性が仕事を辞めざるを得ない社会なら、そのたびに年金を払う人が減少し
てしまいます。ですから、出生率向上によって、将来の年金の払い手を増やしつつ、現在の年金の払い
手が仕事を辞めなくてすむ社会にしないと、年金は破綻してしまいます。そう考えたときに、まず企業
に女性が子育てをして働き続けられる制度を整えるのが、いまの日本社会でもっとも重要なことになる
のではないでしょうか。



社会全体で取り組むべき問題

日本は残業が世界で一番多い国といわれていますので、夫が帰ってこない間、女性はひとりで育児をし
なくてはなりません。これらのことが、育児を孤独で辛い経験にさせてしまっています。育児を手伝え
る時間に男性が帰宅できるという社会にしなければ、女性は2人目の子供がほしくとも造れず、少子化
問題は解消されないでしょう。ですから、ワークライフバランスという言葉は男性の働き方も強く関係
してくるんです。



若い人こそ、働き方を改革

結婚後も子供のいない若い人たちは、残業が多いそうです。残業すると目の前の仕事は片づけることが
できますが、でも、ライフの部分に時間を割かなくては、肝心の知的生産性に必要なアイデアやスキル
などが身につかないまま時間が過ぎることになってしまいます。すると、いつのまにか時間をかけない
と仕事ができない人になっているんです。ワークライフバランスを取れない生活習慣ができあがってし
まうと言う事になります。

己に甘えずに、何時までに仕事を終わらせて帰る、ときちんと決めて、その中でどうしたら生産性が上
がるのかを考えるようにしてください。時間内にできなければ、できるようにするためのスキルを習得
するにはどのようにすべきか。読書をしたり、セミナーに参加したり、ライフの時間内で自分の能力を
上げていくことで、結果、仕事の効率は上がって行きます。安定したアウトプットを続けられる人間に
なるために、まず充実したライフを意識することが重要ではないでしょうか。

起業支援制度を創設

半導体開発のザインエレクトロニクスと半導体電子商取引のチップワンストップは、共同運営の投資フ
ァンドを通じて半導体などエレクトロニクス分野での起業支援を始めました。

起業を検討するメーカー技術者や大学研究者に準備資金や事務所を提供するほか、ザインやチップワン
の社長らが事業計画などについても助言するそうです。優秀な人材の起業を後押しし、ファンド出資先
拡大を狙い今後展開するそうです。

革新的な技術を実用化することが支援の条件とか。期間は6カ月です。準備資金として最大300万円を提
供し、チップワン本社内に設けた事務所を無料で貸し出す予定です。

東芝から独立起業した飯塚哲哉社長や日商岩井(現双日)出身でチップワンを立ち上げた高乗正行社長
らが、具体的な事業計画の策定をアドバイスするといって見えます。一期目の応募期間は15日から5月3
1日までで、年2件程度を選定し、起業後はファンドからの出資も検討して支援をしていくとのことです
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。