kigyou2.jpg

目次
1・超・起業法は本当に役に立つ?

2・超・起業法は初心者でも出来る?

3・超・起業法の必要経費は?

4・超・起業法に要する時間は?

5・超・起業法は合法か?

6・超・起業法のメリットは?

7・TOPページ



起業支援制度を創設

半導体開発のザインエレクトロニクスと半導体電子商取引のチップワンストップは、共同運営の投資フ
ァンドを通じて半導体などエレクトロニクス分野での起業支援を始めました。

起業を検討するメーカー技術者や大学研究者に準備資金や事務所を提供するほか、ザインやチップワン
の社長らが事業計画などについても助言するそうです。優秀な人材の起業を後押しし、ファンド出資先
拡大を狙い今後展開するそうです。

革新的な技術を実用化することが支援の条件とか。期間は6カ月です。準備資金として最大300万円を提
供し、チップワン本社内に設けた事務所を無料で貸し出す予定です。

東芝から独立起業した飯塚哲哉社長や日商岩井(現双日)出身でチップワンを立ち上げた高乗正行社長
らが、具体的な事業計画の策定をアドバイスするといって見えます。一期目の応募期間は15日から5月3
1日までで、年2件程度を選定し、起業後はファンドからの出資も検討して支援をしていくとのことです
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。